MENU

ネット回線の申し込み先ルートは?

 

ネット回線

 

インターネット回線を契約するなら、申し込みは2つのルートがあります。

 

公式サイト

 

  • 電話やWEB申し込みにて、信頼性が高い

 

代理店

 

  • 店舗・電話・WEB申し込みにて
  • 信頼性はイマイチ
  • キャンペーンはかなりオトク

 

 

インターネット回線は、どこで申し込みをしても、工事料金・月額利用料金・公式のキャンペーンは同じです。

 

そのため、代理店かつWEB申し込みが最も合理的&オトクです。

 

ランキング形式で、あなたにピッタリの回線をご紹介します!

 

※光・WIMAX回線が中心です

 

auひかり

 



 

 

  • マンション:35,000円
  • 戸建:65,000円
  • 他社→auの違約金負担あり
  • auユーザーは1台最大2000円パケット引き

 

光回線の中で、最もキャッシュバックがオトク!です。

 

特に〇は開通後最短2か月で受け取れる&オプション不要のため、かなりオトクです。

 

また、フレッツ光など他社からauひかりへの切り替え時の違約金負担も可能。

 

>>【他社よりお得なauひかりサイトはここ!】

 

NURO光

 



 

  • 戸建:30,000円

 

関東限定の光回線で、月額料金は戸建て最安です。

 

>>【NURO光】公式サイトよりキャッシュバックが多い、早い!

 

ソフトバンク光

 



 

  • マンション:24,000円
  • 戸建:24,000円

 

全国対応&戸建て・マンション問わないソフトバンク光。

 

現在、工事費用も実質無料&他社への乗り換え満額負担キャンペーン中!

 

>>光コラボレーション申込みなら【SoftBank光.net】

 

 

WIMAX(GMOとくとくBB)

 



 

最大33000円のキャッシュバックあり。

 

工事が不要で、外出先でも利用できるため、学校や会社などでネットを使う人向けのネット回線です。

 

>>【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円〜で使えて、最大32,200円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら

 

 

WEB回線の基礎知識

 

ネット回線の疑問

 

新規と転用の違いを解説!

 

インターネット回線は今や多くの方が利用しています。

 

初めてインタネット回線を利用する人ならば新規に回線を引く必要がありますが、それ以外に転用というものがあります。

 

新規と転用には違いがあり、知っておくと転用を利用できるケースで役に立つ事があります。

 

新規は文字通り新しく回線を使う事で、今までインターネット回線がない人などはこれに当たります。
対して転用は、すでに回線を引いていてこれまで使っていたサービスから別のサービスに変更する場合などに用いられます。

 

新規と違うのはすでに回線があるかどうかで、転用を利用する事でメリットを受ける事が出来る場合があります。

 

新規でネット回線を引こうとすると工事費用が掛かってしまいますが、転用の場合はこれまで使用されていた回線を流用する事で工事費用が発生しないというメリットがあります。
提供されるサービスも日々進化しており、後発のものの方がよりお得であったりします。

 

そういった時にまた工事を行う必要がなく今の回線のまま新しいサービスに切り替えられる転用は有益となる面が多いのです。

 

もし新しいサービスを利用する際には、自分の回線でも可能かどうか一度確認してみる事をお勧めします

 

 

ネット回線が遅い原因は夜で混雑していることが理由?

 

ネット回線を使用して、動画やwebサイトを閲覧することが多いですが、
スムーズな閲覧のためには回線速度が速いことが求められます。

 

最近はネット回線では光回線が当たり前の時代になっていることもあり、ほとんどの方が動画やwebサイトの閲覧に支障がない状況と言えます。

 

よくあるネット回線の問題としては、昼間はサクサク閲覧できていたのに夜間になるとその速度が遅い状態になる現象があります。

 

その理由としては、住んでいる地域によっては夜間になるとネットを活用する家庭が一気に増えることで、その混雑が発生して閲覧が遅い状態になることをあげることが可能です。

 

 

昼間は仕事や学校などで家を留守にすることが多くネット回線をほとんど使用されませんが、実際にネット回線を利用する時間が帰宅後の夜間に集中してしまう傾向を持っています。

 

特に集合住宅などの多くの世帯数が存在する場合では、回線のシェアが行われているケースがあるため、利用者が増えればその分、回線が混雑状態になりレスポンスが悪くなるケースもあります。

 

 

こうした混雑・渋滞に関しては、接続人数自体が減少すれば解決する問題ですが、回線のキャパシティは決まっているため、
回線を提供している会社に問い合わせて解決することが必要です。

 

もっとも遅い理由は混雑だけでなく、webサイトのアクセスする時間帯によっては遅いケースも考えられます。

 

 

光回線とADSL回線の違いとは?

 

インターネット回線において、何となく光回線のほうが速度が速いと聞きますが、ADSL回線との具体的な違いはなんでしょうか?

 

ADSL回線は電話回線を使用して、最大速度は下り50.5Mbps、上り12.5Mbpsで、光回線のほうは光ファイバーを使用し、上下どちらも1Gbpsとされています。

 

1024Mbps=1Gbpsですから数字上で、かなりの違いがあります。通信の安定性の面でも違いがあり、
光の特性を利用して伝送する光回線は、電磁波の影響をほとんど受けず、安定性の高い通信状態を持続します。また伝送損失も発生しにくく、長距離であっても伝送が容易です。

 

ADSL回線は基地局からの距離により通信速度が影響を受けやすい回線です。外部からのノイズの影響を受けやすい欠点もあり、
長距離だと高周波帯域の伝送が困難になる傾向があります。

 

パソコンでHD画質で視聴をするために必要な通信速度は約3.5Mbpsと言われています。

 

数字だけで見るとADSL回線でも充分ではないかと思えますが、最大速度と実際の速度は異なります。

 

使用する環境が基地局と大きく離れていると、安定した通信には万全とはいえないかもしれません。

 

ですから通信容量の多いネットゲームなどをよくする方は、回線のより良い安定性が求められます。

 

 

インターネット回線の光電話※メリット・デメリット

 

インターネット回線の光電話のメリットはまず料金が安いところです。

 

アナログの回線の基本料金と比べると光電話の場合は3分の1程度の金額で済みます。さらにアナログ回線だと県外に電話をかけた時に通話料金が高くなってしまいます。

 

しかし光電話の場合は全国一律の料金になるので、遠い地域に電話をかけても通話料金が高くなりません。

 

料金が安いだけがメリットではなく、アナログ回線よりもノイズなどが入りにくく高音質で電話をする事ができます。

 

光電話のデメリットは停電時に電話が使えなくなってしまう事です。アナログ電話では基地局が停止しない限りは電話回線を使う事は可能です。

 

そのため回線に繋ぐだけで電話ができるタイプの電話機があれば停電時でも電話をする事ができます。

 

しかし光電話の場合は電源が必ず必要になってくるので停電時は電話が使えなくなるのです。

 

災害等のトラブルが発生した時に使えないのは大きなリスクになるので、アナログ回線と比べた時の最大のデメリットと言えます。

 

他にも特殊な番号が使えなくなる事があるというデメリットがあります。

 

110番や119番などの緊急ダイヤルは使えますが、天気予報や時報のサービスが使えなくなるサービスがあります。

 

 

光回線の特集

 

ソフトバンク光の特徴を解説!

 

各社が独自のサービスでせめぎ合って、利用者を獲得するために名乗りを出している中でも圧倒的な人気があるのがソフトバンク光の回線サービスです。そんな人気のあるソフトバンク光にはどのような特徴があるのでしょうか。

 

ソフトバンク光の1番の特徴はやはりスマホとの割引きのサービスです。ネット回線とセットに乗り換えることが主流なのなためソフトバンク光の場合には、おうち割光セットというネットとスマホの両方を契約することで2年間は最大月額2000円まで割引きされます。また契約者本人以外にも、ソフトバンクの携帯を利用している家族全員が利用することが出来、利用している人数が多いほどお得なプランです。なんと言っても回線速度が他よりも早く安定していますので、品質にも問題がありません。そして、ソフトバンク光に申し込むと同時にプロバイダはYahoo!BBになり基本的には選択することが出来ません。そのためYahoo!BBプレミアム会員にもなるため色々な特典がついてきて様々なサービスを楽しむことが出来ます。

 

ソフトバンク光は、「人気、サービス、安さ」のどれをとっても自信をもっておすすめすることの出来るサービスです。割引きも利用している間は一生続きますので申し込みを検討してみてはいかがですか。

 

 

 

ドコモ光の特徴を解説!

 

ドコモ光はドコモが提供している光ブロードバンドサービスです。ドコモ光の特徴として、家族全体が楽しめるサービスを提供しているということが挙げられます。ドコモ光をテレビに繋いだ場合には、家で様々なチャンネルを視聴することができます。映画やドラマだけでなく、アニメやスポーツも見ることができるので、家族のどの年代の人でも楽しむことができます。また、テレビを見られるのは家の中だけではありません。動画をダウンロードすることにより、外出先でもダウンロードした動画を視聴することが出来るようになっています。そのため、仕事が忙しく、家でなかなかテレビを見ることが出来ない人でも手軽に動画を視聴することが可能となります。他にも、ドコモ光電話を利用することにより、通話料も抑えることができ、家計にやさしい料金になります。ドコモ光電話にする際に、電話番号や電話機を変更することもないので、手軽に切り替えることが可能となっています。このようにドコモ光は様々なサービスが充実しているのが特徴となっています。設定についてわからなくなったり、契約内容を変更しようとする際には安心サポートを使うことで困りごとを解決することが可能です。このサポートもドコモ光の特徴となっています。

 

 

auひかりの特徴とは?

 

auひかりは、KDDIが提供している光ファイバー網を利用したインターネットサービスです。KDDIの「光プラス」と東京電力の光ファイバー事業の「TEPCOひかり」が統合してスタートしたもので、
最初の内は「ひかりone」という名称で提供されていました。ちなみに、auひかりという名前に変更されたのは2010年の1月のことです。

 

なお、auひかりは300近くある光回線の中でauスマホを使って人であれば最も安い値段で使用できるということが最大の特徴です。
これは、スマホとのセット割サービスの「スマートバリュー」を併用すれば毎月の支払いが安くなるからです。

 

また、家族にauスマホのユーザーがいればさらにお得で、スマートバリューによる割引額がauひかりの月額料金よりも大きくなるというケースもあります。

 

ちなみに、auひかりを選択した人が決め手として挙げているのは、他社よりもキャッシュバックが高額ということです。

 

これは、全国規模でサービスを提供している業者の中で唯一独自海鮮を持っているということが関係しています。この高額キャッシュバックを武器としていることから、フレッツ回線に対向することが可能となっています。

 

ネット回線の訪問販売がしつこい!対処策は?

 

ネット回線をはじめとしたIT関連商材はスマホやモバイルルータなどの進出もあり、売上げ低迷や利益率の減少になっており、売上をあげるのが難しい状況です。

 

ネット回線契約受注は手数料収入が大きいので、他のIT関連商材を売るよりも簡単に利益が上がるビジネスです。

 

IT事業者や代理店が強引な勧誘をしているのはそのような背景があるからです。

 

業者は、大手通信の名前やあたかも今使っているサービスと関係があるかのようにして電話をかけてきます。また、訪問販売で直接家に来る業者もいるようです。

 

マンションに住んでいる場合には、マンション全体が変更予定ですといったようなアプローチをしてくる場合もあり、しつこいことが多いです。色々なメリットを並べて契約をつけるようにしてきますので、対処策を知っておきましょう。

 

今使っているネット回線から変えるつもりがないことをしっかりと主張していくことが大切です。

 

話を聞き始めると、相手のペースになり、色々な特典があるように思えても結果的にコストが増えることになってしまいますので、しっかりと断りましょう。

 

 

いりませんといってもしつこく話す場合には、代理店元にクレームをだすと言えば引き下がるでしょう。

 

NURO光の特徴を解説

 

インターネットの通信速度が遅くて困っている方は多いことでしょう。そんな利用者の悩みを吹き飛ばしてくれるプロバイダがso-netの運営するNURO光です。

 

このプロバイダの特徴は何と言っても破格の通信スピードにあります。下りは最大で2Gbpsで、1Gbpsが多い国内のプロバイダの中では最速となり、世界でも類を見ない速さです。

 

プロバイダ料金は4,800円と、通常の業者と大差ありません。むしろコストパフォーマンスを考えれば非常にお得と言えるのではないでしょうか。

 

NURO光では初期費用が無料となるキャンペーンを実施中で、最大20,000円のキャッシュバック付きです。長期的に見ればNURO光と契約した方が圧倒的にメリットがあります。

 

一方でNURO光の特徴に、関東7県限定サービスであることがあげられます。東京や神奈川、千葉などの関東圏以外は現在利用することができません。

 

それでも国内での利用者は年々増加しており、今後は随時対応エリアを拡大していく方針を示しているため、最終的には日本全国で使えるようになるでしょう。

 

現在関東に在住しており、現在使っている光回線の速度に不満を抱いている方は、乗り換えてみてはいかがでしょうか。

 

eo光の特徴を解説

 

関西電力の子会社としてネットサービスを提供しているのがeo光です。

 

ここは通常の光回線ではなく独自に用意した回線を使用して行っているのが特徴となっています。

 

利用できる場所は関西エリアのみの地域密着型サービスとなっているのが特徴です。地元企業ということもあって周辺では光回線の利用者が多く好評を博しています。

 

長期間利用すれば月額料金を安くしてくれるサービスをしているので必見です。

 

例えばホームタイプとメゾンタイプのプランは2年以上の契約をすると即割の対象にしてくれます。月額料金が5048円ですが4953円に値引きしてくれるのでお得です。

 

また長割りと呼ばれるサービスは3年目から5年目の利用で5%OFF、6年目以降3年毎に10%OFFにしてくれるのが魅力となっています。

 

 

プロバイダと一体型なっているサービスなので早くて安いのも魅力です。ハイスピード1ギガコースは最大速度1Gbpsを誇るもので高画質な動画視聴やデータのアップロードもスムーズといえます。

 

一体型の猟奇設定なので毎月の利用料金もわかりやすく使い勝手も良いです。オプションサービスは独自のセキュリティパックを月額250円で利用できるので安心なネットライフを満喫できます。